emailアドレスを絶対間違わない方法

  1. まず、自分のemailアドレス(例えば"grace@orange.ne.jp")を単語登録します。読みは、打ちやすくて普段あまり使わない単語に割り当てるといいでしょう。
  2. 次に、それを使って自分宛にメールを送り、それが正しいことを確かめます。送ったメールが正しく戻ってくれば大丈夫です。
  3. 以後、emailアドレスが必要なときは必ずそれを使うことにし、極力、手打ちは避けます。

これで打ち間違い、記憶違いによる誤記を避けることが出来ます。大した方法でもありませんが、たまに間違いがありますので。