ゅぃぼっとの正しい育て方(笑)

人工有能なゅぃちゃんを、賢くそだてましょう。そのためのTipsを少しだけ書いておきますね。   

   

教え方
反応させたいキーワードと、それに対するメッセージを半角のいこーる3つ===でつなぎます。(例えば、”おはよ===おはようございます。”のように発言します。これで、相手の発言に”おはよ”の文字がふくまれていると、ゅぃは、”おはようございます。”といいます。)    
教え方のポイント
キーワードは、なるべく短く、そして、応答するメッセージは、長くです。(笑)
例えば、ゅぃにおはようの挨拶を返させたい場合、参加者は、おはようございます。おはよ〜。おはよう。おはよぉ。おはよお〜。おはよっ。といった様々な形で発言する可能性があるわけです。この場合、いづれにも応答させたいなら、おはよだけで登録すれば、それが可能になります。But!!逆にキーワードが短すぎると、 今度は、無関係に応答しやすくなります。(例えば、”お”だけで登録すると、”おちます。おぉっ。おわる。...とかにも無関係に反応しちゃうわけです。)
応答を複数登録する。
一つのキーワードに一つの応答を学習させると、そのキーワードが出てきたときに、いつも同じ応答をしてしまい、ワンパターンになってしまいます。
ゅぃは、一つのキーワードにいくつもの応答を覚えることができ、その中からランダムに選択するので、いくつかの応答メッセージを登録しましょう。(さきの、”おはよ”に対しては、おはようございます。とか、おっはよぉ〜とか。)
ワイルドカードを利用する。
ゅぃの学習機能でのワイルドカードは、.*(ピリオドとアスタリスクを続けたもの)です。ゅぃがチャットにいる以上、チャットであまりに頻繁に使われる単語をキーワードにするのは、好ましくありません。(うるさいですし...)例えば、年齢を聞かれる場合を想定すると、キーワードは、”年.*ゅぃ”のように登録します。
この場合、”年はいくつ?>ゅぃ、年齢は?>ゅぃ、何年生?ゅぃ...”といった複数のパターンにマッチし、なおかつ、”今年は97年です。”みたいな、ただ、年だけを含む場合にマッチしなくなるわけです。
補足:ゅぃのホスト名..等について。
ゅぃのリモートホスト名は、私がスクリプトの実験上、実行状況を把握できるよう特殊な書き方をしています。例えば、..yuiA.bot.com)Bのようであるとします。
A=1:挨拶など、いつでも高確率で応答する汎用メッセージ。
A=2:学習した内容に基づくメッセージ
B:応答の候補となったメッセージの総数。
おみくじや、その他の応答では、ABに値がありません。

ゆいのホームページに戻る